どんな選択をしますか?

女性を取り巻く変化と問題、その対処についてなど徒然と

幸せな結婚生活を送るためには

結婚の決断に対して悩むのは男性でも女性でも同じですが、出産という命がけの事柄を伴う点では、女性のほうが深刻度が高いと言えます。
また、好きだという感情だけでは結婚生活を維持出来ない事を最近の若者も充分認識するようになっています。
その背景には日本も離婚率が高くなっている現実があり、離婚家庭で育った人も増えている事が挙げられます。
そのため、結婚に対して慎重になる傾向があるわけですが、他方、両親を反面教師にして、自分は幸せな家庭を築こうと考える人もいます。
結婚の失敗例を見てきた分、そのような人は結婚生活を長く続けられる秘訣が分かっているので、自分の結婚に役立てられるわけです。

結婚によって、それまで別々に暮らしていた二人が一緒に生活を始めますが、交際期間とは違い様々な習慣の違いが明らかになります。
それでも新婚の間は大した問題には感じなかったり、隠していたりする事があります。
ただし、その期間が終わり日常生活が続くようになると、次第にお互いの粗が目に付くようになります。

特に親と同居していた男性にとって、家事全般に関して母親等と比べる事があります。
また、親と同居した女性の場合でも、自分の夫に対しては父親並みかそれ以上の甲斐性を求める場合もあるので、それに達していないと不満を感じる事になります。
それゆえ、結婚生活を長く円滑に続けるには、パートナーを自分の親や他人と比較しない事が大事です。
そして、お互いに相手の粗ではなく、長所を見るようにする事が何より重要な事と言えるでしょう。